facebook

チーム情報

湯浅監督から第99回大会のコメントが届きました!

2020.01.16

第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会

 2019年12月27日に開幕した、第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会に大阪府代表として出場しました。昨年の悔しい大阪府決勝から、日々の積み重ねをより一層大切にして歩んできました。本年度は、「本気で高め合える仲間とともに、誰もが認めるひたむきさで周りに感動をハナチ、挑戦し続けるチームで日本一」をクラブの目標に掲げ熱い日々を積み重ねてきました。残念ながらベスト8という結果に終わりましたが、情熱を持ってひたむきに取り組むことの大切さをしっかりと伝えてくれた3年生には感謝の気持ちで一杯です。また、仰星に関わる多くの方から大会中熱い声援で我々の背中を押し続けていただきました。改めて深くお礼申し上げます。

敗戦の翌日より新チームはスタートしました。下級生達は、多くの大切なものを残してくれた3年生の思いを胸に刻み、これからも歩み続けます。仰星の文化や伝統をこれからも継承しつつ、進化することを忘れません。驕ることなく、素直さと、謙虚さと、ひたむきさのある日々を、仰星の誇りを持って取り組んでいきます。今後も仰星高校ラグビー部へのご支援、ご声援宜しくお願い致します。

東海大学付属大阪仰星高等学校
ラグビー部監督  湯浅 大智

【試合結果】第99回全国大会

2020.01.04

【2回戦】○
VS関商工(岐阜)
71 – 7

2大会ぶりの頂点目指し、11トライで初戦突破!

 

【3回戦】○
VS東京(東京第1)
17 – 5

Bシード同士の激突!前半12-0とロースコアで折り返し、後半ロスタイムに1本とられましたが、17 – 5で逃げ切りました!

 

【準々決勝】●
VS御所実(奈良)
0 - 14

西の横綱、御所実。相手のポイントへの素早い寄せ、強さが光りました。仰星はなかなか前進できず攻め手に欠き、無得点に終わりました。仰星が花園で零封されたのは、初めて。

 

仰星は準々決勝で姿を消すこととなりました。現役生、特に3年生の皆様はお疲れさまでした。現役生のひたむきに戦う姿に心を打たれました。感動をありがとうございました。ゆっくり休んで、次のステージに備えてください!